最新情報

カテゴリー

最新エントリー

アーカイブ

  • 2017年1月(4件)
  • 2016年12月(4件)
  • 2016年11月(11件)
  • 2016年10月(3件)
  • 2016年9月(4件)
  • 2016年8月(9件)
  • 2016年7月(4件)
  • 2016年6月(3件)
  • 2016年5月(5件)
  • 2016年4月(5件)
  • 2016年3月(5件)
  • 2016年2月(3件)
  • 2016年1月(7件)
  • 2015年12月(6件)
  • 2015年11月(3件)
  • 2015年10月(6件)
  • 2015年9月(6件)
  • 2015年8月(8件)
  • 2015年7月(7件)
  • 2015年6月(3件)
  • 2015年5月(4件)
  • 2015年4月(8件)
  • 2015年3月(4件)
  • 2015年2月(7件)
  • 2015年1月(4件)
  • 2014年12月(5件)
  • 2014年11月(7件)
  • 2014年10月(4件)
  • 2014年9月(6件)
  • 2014年8月(6件)
  • 2014年7月(6件)
  • 2014年6月(3件)
  • 2014年5月(5件)
  • 2014年4月(3件)
  • 2014年3月(8件)
  • 2014年2月(5件)
  • 2014年1月(3件)
  • 2013年12月(6件)
  • 2013年11月(3件)
  • 2013年10月(11件)
  • 2013年9月(5件)
  • 2013年8月(9件)
  • 2013年7月(4件)
  • 2013年6月(6件)
  • 2013年5月(3件)
  • 2013年4月(7件)
  • 2013年3月(4件)
  • 2013年2月(4件)
  • 2013年1月(11件)
  • 2012年12月(4件)
  • 2012年11月(8件)
  • 2012年10月(5件)
  • 2012年9月(4件)
  • 2012年8月(7件)
  • 2012年7月(8件)
  • 2012年6月(5件)
  • 2012年5月(3件)
  • 2012年4月(4件)
  • 2012年3月(10件)
  • 2012年2月(3件)
  • 2012年1月(4件)
  • 2011年12月(6件)
  • 2011年11月(1件)
  • 2011年10月(1件)
  • 2011年9月(1件)
  • 2011年8月(1件)
  • 2011年7月(1件)
  • 2011年6月(5件)
  • 2011年5月(4件)
  • 2011年4月(5件)
  • 2011年3月(4件)
  • 2011年2月(10件)
  • 2011年1月(2件)
  • 2010年12月(5件)
  • 2010年11月(2件)
  • 2010年10月(6件)
  • 2010年9月(8件)
  • 2010年8月(3件)
  • 2010年7月(4件)
  • 2010年6月(4件)
  • 2010年5月(1件)
  • 2010年4月(4件)
  • 2010年3月(5件)
  • 2010年2月(7件)
  • 2010年1月(4件)
  • 2009年12月(3件)
  • 2009年11月(5件)
  • 2009年10月(5件)
  • 2009年9月(5件)
  • 2009年8月(6件)
  • 2009年7月(3件)
  • 2009年6月(2件)
  • 2009年5月(3件)
  • 2009年4月(5件)
  • 2009年3月(3件)
  • 2009年2月(4件)
  • 2009年1月(3件)
  • 2008年12月(6件)
  • 2008年11月(7件)
  • 第3回 獨楽茶会(全館貸切) January 22, 2013

    独楽庵(太柱)z.jpgこの度、第3回「獨楽茶会」は5月8日(水)に開催することとなりました。

     

    濃茶席は、平成きってのお茶人・矢部良明氏のご担当です。

     

    ここ数十年にわたり毎月のように自宅(蒼庵)で茶事を続けてこられました。

    今回は年来のお考え、「冷え枯れの美学をモダニズムに」をテーマに

    懸釜下さるとのことです。

     

    薄茶席は、矢部氏の同志的茶友、堀口順一郎氏が担当していただくことになりました。

     

    現代の道具を見立て、とりあわせたクリエイティブなお茶会になると推察されます。

     

    時は風薫る好時節、「獨楽庵」をはじめとする美ささ苑を舞台に、

    どのようなご趣向、おもてなしくださるか、期待が膨らみます。

     

    どうぞふるってご参会下さいますようご案内申し上げます。 

      

    2013年5月8日(水)

      ① 9時半   ② 11時  ③ 12時半  ④ 14時  ⑤ 15時半 ( 寄付 )

     

      濃茶席  獨楽庵   矢部 良明

      薄茶席  楓 軒   堀口 順一郎

      点心席  紅白梅   美ささ苑

     

       特別会員  12,000円   会員  16,000円   一般  18,000円(空席がある時のみ)

       お申込方法 : 楽の会事務局までご連絡下さい ( 042-646-1949 )

     

     ※ 時間指定となります ( ご希望の方はお電話にてお問い合わせ下さい )

     ※ お問合せ先 Tel 042-646-1949  Fax 042-645-8700  E-mai l: raku@misasaen.com

    月例茶会(4月) January 22, 2013

    茶室(貸席)2013年4月24日(水) 10:00~15:00

     

     白水亭 濃茶席 並木 宗幸 (裏千家)

     楓 軒 薄茶席 源原 宗美 (裏千家)

     ※ギャラリーにて「長谷川青峯展」同時開催

     

      会員 5,000円  一般  7,000円(茶席のみ)

      会員 9,000円  一般 11,000円(点心付き)

     

    ※ 一席10名様ぐらいのお席ですのでゆったりと楽しめます

    ※ 受付順に席入りいたしますのでご都合のよい時間にお越し下さい

    ※ お電話にてお申込の上、当日受付にて会費をお支払下さい

     

     ※ お問合せ先 Tel 042-646-1949  Fax 042-645-8700  E-mai l: raku@misasaen.com

     

     ◆◆ 初めてお茶会に参加される方にもおすすめです(お電話にてその旨、お伝えください) ◆◆

    文化サロン(4月) January 22, 2013

    ShimosakaTamaki.jpg茶の湯に関係する講師を招いて、

     先生を囲みいろいろな講演を行っていただき

    気軽に質問等にもお答えいただける、

     小さなサロンを目指しております。

     

    「 羽箒と茶人たち 」 下坂 玉起 先生

     

     2013年4月10日(水) 10:30~12:30

     

      会員 2,000円   一般 2,500円 (講演のみ)

      会員 4,500円   一般 5,000円 (会食付き)

     

     

    下坂 玉起 先生

     羽箒研究家。

     茶の湯文化学会・日本野鳥の会・日本鳥学会・生き物文化誌学会の各会員。

     茶道文化学術助成・生き物文化誌学会桜基金助成を受け羽箒を調査。

     「私はただ鳥とお茶が好きなだけで調べ始めたのです」と謙遜されますが、

     調査本数はすでに六百本を超えて、月刊誌「なごみ」(淡交社)でも

     「羽箒にみる茶人の心」を監修・執筆、美術館どでの講話も好評で、竹内順一先生も絶賛されています。

     

     昔は羽箒も茶人自ら作っていたので、それぞれ好みがあり、それが流派の違いにもなっていました。

     すっかり忘れられていたその微妙な違いを、多数のスライドと実物の羽箒をご覧頂くことで、

     こんなにも茶人達は羽箒にも思いを込めていたのだと実感して頂けたらと思っています。

     

    ※ お問合せ先 Tel 042-646-1949  Fax 042-645-8700  E-mai l: raku@misasaen.com

    月例茶会(3月) January 22, 2013

    茶室(貸席)2013年3月16日(土) 10:00~15:00

     

     白水亭 濃茶席 日景 宗尚 (裏千家)

     楓 軒 薄茶席 き答院 宗洋 (裏千家)

     

      会員 5,000円  一般  7,000円(茶席のみ)

      会員 9,000円  一般 11,000円(点心付き)

     

    ※ 一席10名様ぐらいのお席ですのでゆったりと楽しめます

    ※ 受付順に席入りいたしますのでご都合のよい時間にお越し下さい

    ※ お電話にてお申込の上、当日受付にて会費をお支払下さい

     

     ※ お問合せ先 Tel 042-646-1949  Fax 042-645-8700  E-mai l: raku@misasaen.com

     

     ◆◆ 初めてお茶会に参加される方にもおすすめです(お電話にてその旨、お伝えください) ◆◆

    文化サロン(3月) January 22, 2013

    KanzakiMitsuharu2013.jpg茶の湯に関係する講師を招いて、

     先生を囲みいろいろな講演を行っていただき

    気軽に質問等にもお答えいただける、

     小さなサロンを目指しております。

     

    「 仮名の美しさ 」 神崎 充晴 先生

     

     2013年3月6日(水) 10:30~12:30

     

      会員 2,000円   一般 2,500円 (講演のみ)

      会員 4,500円   一般 5,000円 (会食付き)

     

      

    神崎 充晴 先生

     古筆学専攻。1949年東京教育大学芸術学科卒。

     五島美術館学芸員を経て、センチュリーミュージアム主任学芸員。

     現在は、センチュリー文化財団常務理事・センチュリーミュージアム館長。

     古筆学者小松茂美博士に師事して40年、平安期の古筆をはじめ、写経・墨蹟を中心に研究、

     美術館活動を通じて日本の書の理解と普及につとめていらっしゃいます。

     

    = センチュリーミュージアム : http://www.ccf.or.jp/jp/10about_museum/index.html =

     

    ※ お問合せ先 Tel 042-646-1949  Fax 042-645-8700  E-mai l: raku@misasaen.com

    ふぐコース(1月~2月末まで) January 06, 2013

    河豚(さし・唐揚)=季節限定= 河豚コース 15,000円(税込サ別) 

     

     寒い時期が一番美味しい河豚を充分に楽しんでいただくために、

     下関産の美味しい「とらふぐ」をご用意いたしました。

     

      食前酒

      先付

      八寸

      ふぐさし (独特のもちもちした食感と甘みをどうぞ)

      ふぐの唐揚 (旨味が凝縮した唐揚げも絶品です)

      ふぐちり (何といっても鍋は最高です、〆は雑炊で)

      デザート

     

     ※ふぐの白子は別途、五千円で承ります

     ※前日までのご予約制となっております

    かに懐石(1月~2月末まで) January 06, 2013

    201301-02蟹先付=季節限定= かに懐石 9,000円(税込サ別)

     

     蟹を懐石風に上品にアレンジした特別コースです

     

     先付:蟹 カキ 帆立 柚子味ソ焼き

     お椀:かにみぞれ蒸し カラスミ 水菜 木のメ

     差味:鯛 鮪 かに長芋 妻いろいろ

     凌ぎ:蟹シューマイ 辛子正油

     八寸:かに棒寿し 蟹みぞれ酢

        鳥肉味ソ漬け ほか

     焼物:伝法焼き 穴子 百合根 人参 三葉

     煮物:かに白菜湯葉巻き 梅人参 下仁田葱

    201301-02蟹お椀 食事:炊込み

     止椀:赤出汁

     香の物

     デザート 

     

    ※仕入の状況により内容が変わる場合もございます

     

     

     

     

     

     

    201201-02蟹差味 2013-01-02蟹凌ぎ 201301-02蟹八寸 2013-01-02蟹焼物 201301-02蟹煮物 

    今月のお料理 ( =八王子昼膳=01月 ) January 05, 2013

    201301昼膳= 平日昼間椅子席限定です 2,000円 =

     

     向付:鯛昆布〆 妻いろいろ

     八寸:玉子焼き 筍 千社唐 鳥肉 梅人参

     煮物:白菜豚肉巻き 長葱 針人参

     揚物:牡蠣金紙包み 慈姑えび挟み 青と

     御飯:炊込み

      香の物、味ソ汁、デザート


     ※ 土・日曜日、祝日は対象外です

    今月のお料理 ( =絹の道=01月 ) January 05, 2013

    201301昼先付=昼懐石= 絹の道コース 5,000円

     

     先付:白子羹 バイ貝 メキャベツ

     お椀:蛤真薯 焼餅 管牛蒡 木のメ

     差味:全国から届く旬の魚 妻いろいろ

     八寸:烏賊黄味焼き 筍粕漬

        蟹カステラ はす芋寿し

     揚物:牡蠣金紙包み 慈姑挟み揚げ 小茄子 青と

     煮物:えび芋 白滝信田巻 ふき

     食事:炊込み

     止椀:赤出汁

     香の物:赤かぶ 胡瓜

    201301昼お椀 デザート 

     

    ※仕入の状況により内容が変ります

    ※写真と献立内容が変わっている場合もございます

     

     ◆◆ 平日特典:季節の和菓子とお抹茶をサービス ◆◆

     

     

     

     

     

     

    201301昼差味 201301昼八寸 201301昼揚物 201301昼煮物

    今月のお料理 ( =いちょう=01月 ) January 05, 2013

    201301夜先付=夜懐石= いちょうコース 13,000円

     

     先付:甘えび 数の子 占地 粕漬け

     お椀:鱈白味ソ仕立 白子 椎茸 餅 七味

     差味:全国から届く旬の魚 妻いろいろ

     八寸:車えびうにのせ 牛蒡胡麻酢

        千社唐 牛肉味ソ漬

     焼物:鰈白子焼き キンカン

     煮物:八ツ頭 筍 手まり麩 ふき

     酢の物:焼膾 ホッキ貝 子持昆布 水前寺のり

     食事:白飯

     止椀:赤出汁

    201301夜お椀 香の物:野沢菜 芝漬

     季節の和菓子、お抹茶

     デザート 

     

    ※仕入の状況により内容が変ります

    ※写真と献立内容が変わっている場合もございます

     

     

     

     

     

     

    201301夜差味 201301夜八寸 201301夜焼物 201301夜煮物 201301夜酢の物

    ページの先頭へ